**カレンダー**

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

**過去の記事**

**ツィッター**

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.10.12 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    息子が青春18きっぷで

    0
      昨日で夏休みが終わりと思っている人もいらっしゃるでしょうが
      二学期制が導入されていらい、夏休みの終わりは8月の
      26とか27とか半端な日になりました。
      横浜では。それも学校によってです。二学期制があまりに
      なじまないからと三学期に戻した学校も増えてきています。

      さて、夏の終わりに息子が青春した話。

       青春18きっぷには年齢制限がありません。
      あまり知られていない事実。
      調べてみるとこの切符は私が19の年に発売されていました。
      早稲田で学ぶために下宿し、帰省の時にお世話になりました。
      19の私ですら、18歳じゃないといけないのかなと
      調べたことを思い出します。東京駅から大垣行きの各駅停車に
      乗ったものでした。

      息子はこの夏、友人とUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)で
      ハリーポッターのアトラクションに行くのだと
      突如でかけました。3人で青春18きっぷで行くのだということは
      聞きました。16だけど。

      何泊してくるのか不明な感じで、宿もろくろく知らせず
      どこにとまっているのかくらいいいなさいとメールしても
      ナシのつぶて。
      二回だけ
      「京都にとまる」
      「わあ、充電切れる」
      もう知らんわい、と思ったころに夜行に乗りそびれたから
      明日の昼頃着くと4日目に連絡。

      「乗り降り自由だから熱海の温泉街をふらっとしたり、
      名古屋でうろうろしたりして大阪へ。
      初日は京都のホテルの割引券をもってた友達がいて
      よかったんだけど、次の日がびっくり。
      安い宿を探したらあいりん地区のすぐそばのホテルで
      怖かった。日本の闇を見た。
      大阪フーズは串カツやお好み焼きも食べたし
      通天閣も見た。道頓堀のグリコは代替わりのはざまだった。
      最後は夜行に乗りそびれて米原までいったけど
      すげ過疎ってて(『過疎』は動詞か?)泊まるとこもないし
      始発まで結局野宿という感じ。
      コンビニの縁の下で(縁?あんたそれ、軒の下やろ)雨を
      しのいだ。傘が二本しかなかったから肩を寄せ合って
      しのいだ。けどなんかきれいな駅で
      景色もいいし、みんな米原が好きになったぞ。
      帰りの電車も乗り降りできるけどさすがにみんな寝てた。
      ハリポタ?すげおもしろかった。まさにその世界。
      またDVD見なそうかな。
      旅行中ほとんとスマホ見なかったぞ。いっぱいしゃべった。」

      と、普段それほどおしゃべりでもない息子が饒舌に話した。
      よかったよかった。休みはこうでなくっちゃ。

      「ところで女子との出会いはあったんか?」
      「皆無」
      哀しいのぅ。








      スポンサーサイト

      0
        • 2014.10.12 Sunday
        • -
        • 02:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        東海道線:大垣行き。懐かしい響きですね。私は東京勤務の頃、当時はバブル期で、神田界隈で一杯飲んでからの大垣行きは緊張しました。横浜までが寝過ごして熱海?いやいや静岡という猛者も当時は同僚におりました。幸い私は経験しませんでしたが(笑)。
        息子さん青春ですね。私は中学、高校と剣道少年(軍国主義とかの色彩は全く無く)でした。坊主頭に剣道具持参。硬派の少年でした。高校生になって友人と初めて栃木県から東京の後楽園球場へ巨人軍のナイター観戦に行ったのが今も思い出します。
        「恋人よ ぼくは旅立つ 東へと向かう 列車で はなやいだ街で 君への贈りもの 探す 探すつもりだ (一部省略)ただ都会の絵の具に 染まらないで 帰って 染まらないで 帰って」(木綿のハンカチーフ:太田裕美:1975年)中学2年生の剣道に明け暮れていたころを思い出します。私には残念ながらこのような経験は当時皆無でした。
        しかし、息子さん母親の想像以上に確実に成長されてますよ。

        • 鈴木やす
        • 2014/09/02 8:32 AM
        私は京都に残してきた恋人と当時、遠恋だったので、太田裕美の歌の逆的な感じです。都会の絵の具に染まらないで帰りましたけどね。
        • ななこ
        • 2014/09/03 12:54 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        **最近の記事**

        **最近のコメント**

        **最近のトラックバック**

        **リンク**

        **プロフィール**

        **サイト内を検索**

        others

        **QRコード**

        qrcode