**カレンダー**

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

**過去の記事**

**ツィッター**

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.10.12 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    奈々子の日本共産党Q&A

    0
      よく聞かれる質問を大山奈々子が答えます!

      Q 日本共産党は独裁国家といわれる北朝鮮や中国のような国をめざしているの?

       違います。(笑)
       日本の民主党と他国の民主党の政策は違いますよね。同じように共産党と名乗っていても国によって政策が違います。
       私たちは結党以来、九〇年間ずっと「平和」と「民主主義」を主張して活動してきました。この方針は日本共産党の根本ですから絶対に変えることはありません。
       「共産党=独裁」ではありませんし、資本主義国家でも独裁の国はあります。
       今の政治は、お金持ちや大企業に大幅な減税をして、中小企業や国民に消費税などの形で増税しています。大企業は消費税を負担していませんし。
       日本共産党はお金持ちや大企業に正当な税金を払ってもらい、医療や福祉、教育を充実する財源にして、全ての国民が安心して暮らせる日本を目指しています。



      Q 社会主義になるとソ連みたいに個人の財産は取り上げられたり自由は無くなるの?

       個人の財産も取り上げませんし、自由もなくなりません(笑)
       私たちの目的は「国民の生活を自由で豊かにすること」ですから、個人の財産を取り上げたりしませんし、自由を妨げたりしません。むしろ、国民の自由を妨げるあらゆる動きに反対します。
       一九三〇年代にソ連の指導者だったスターリンが民主主義を投げ捨てて、国民を抑圧し、財産を没収し、他国を侵略しました。それをソ連は「我々は共産主義・社会主義だぞー!」と主張して行ったために偏見が生まれました。
       しかし、スターリンが行ったことは経済学的にも共産主義・社会主義ではなくて、ただの専制政治です。



      Q 議席が少ないから力がないのでは?

       しっかりと重要な仕事をしています!
       この四年間に県へ届けられた住民要求の署名数の九九・八%はたった一人しかいない日本共産党の議員が紹介議員となっていて、住民の声を一番議会に届けています。
       国会でも日本共産党が不況で苦しんでいる中小企業に対して機械のリース代などの補助を求めて党首会談で要求したのに対して、鳩山前首相は「検討してみたい」と答えて具体化へ踏み切ったり、不払い残業代の根絶のために国会で粘り強く質問をして、政府の是正の通達を出させたりましています。
       最近では相模原市で日本共産党が提案した「住宅リフォーム助成」が実施されました。
       住宅リフォーム助成は家計と中小業者を直接支援でき、その経済効果は二〇倍とも言われています。
       もっともっと力を発揮したいと思います。ご支援をお願いします。



      Q 日本共産党はお金持ちなんでしょ?

       実は貧乏です。(笑)
       確かに二〇〇九年の収支報告では自民党に次いで二番目に収入が多くなっています。
       しかし、日本共産党の収入の多くは日本共産党が発行している機関紙の「しんぶん赤旗」からの収入で、残念ながら収入の大部分は機関紙誌発行経費になってしまいます。
       自民党や民主党は企業献金
      を受け取った上に、収入の大部分を政党助成金という国民の税金でまかなっています。日本共産党は「政党助成金は憲法違反だ」として受け取りを拒否していて、個人からの寄付や機関紙誌発行代金で運営しているため、財政は厳しいのが現状です。私たちを応援するために是非、しんぶん赤旗の購読をお願いします。



      Q 何にでも反対ばかりしていますよね?

       それは、すごーく誤解です。
       私達は表で示されているように住民の利益になることには大賛成です。
       他党が住民の合意なしに生活を悪化させるような提案を多くしているので、それに反対をしています。



      Q 「共産党」ってどういう意味なの?

       フランス語のコミューン(共同社会)を日本語訳したものです。
       私たちは多くの問題を含んだ資本主義が社会の最終的なくさらに発展すると考えています。
       一部の権力者や資産家が政治を動かすのではなく、国民全員が政治に参加し、戦争も抑圧もない社会を実現して、今よりも自由で平等で平和な「安心して生きられる社会を目指す」というロマンが込められています。
       ステキでしょ?


      その他のQ&Aはこちらから。(PC専用)

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.10.12 Sunday
        • -
        • 15:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/03/11 11:57 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/10/26 8:04 PM
        先日はご訪問ありがとうございました。
        ヨーロッパでは外国人にも生活保護を渡す国があるんじゃないかと仰ってましたが、そんな国は見つかりましたか?(笑) 福祉に手厚いヨーロッパでも、あくまで保護の対象は自国民であって、在留外国人は対象外のはずですよ(笑)
        さて、9/22の差別撤廃東京大行進に小池晃氏が参加されたそうですが、正気なんでしょうか?このイベントにはレイシストしばき隊や中核派などの犯罪組織が大勢参加していした。民主の有田芳生氏はこの暴力組織に組して、批判されてる人物です。小池氏は有田氏と並んで先頭を歩いてますが、同レベルと見なしていいんでしょうか?
        10/8は抗議に行きたいところですが、仕事で講演会に参加できないのが残念です。
        ↓↓ぜひご覧下さい。小池氏がヤクザや中核派と並んでますよ。
        http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5205.html

        見損なったぞ!共産党!もっとまともな野党だと思ってました。残念。
        • 光源氏
        • 2013/10/02 2:43 PM
        ヨーロッパの生活保護はまだ調べていません。待ってください。
        さて、差別撤廃等東京大行進、小池さんはよくぞ参加してくれたと思っています。問題あるとされている方々が参加しているのも承知していますが、差別は撤廃しなければならないのです。あそことはこういう点で意見が合わないからともに運動しないとか狭量なこといってると運動は大きくなりません。
        節度あるレイシストの光源氏さんからみれば、一定評価してくださっていた共産党が自分たちをしばきにくくる人々と一緒かと失望する気持ちもわかりますが、
        私たちは手段は違いますが同じ思いはあります。人間同士が差別しあうべきではないと。この種の批判をものともせず参加された小池さんを私は改めて尊敬します。
        • ななこ
        • 2013/10/03 9:01 AM
        EUだと「外国人」だから法の対象外、ということはないと思います。私が知っている限りイタリヤ/フランス/イギリスでは「居住者」なら「生活保護」の当然の対象です。XX benefit とか ○○ allowance とよんでいますが、国籍を問わず一定の所得以下の人が支給の対象なので、「生活保護」とおなじものですね。
        ちなみに医療費も外国人にも無料(傷病の緊急度に応じてランクがあり、至急要治療の場合はごく低額の手数料を払うだけで医療費は無料です)、私も急性気管支炎でX腺検査とか専門医の診察を無料でやってもらいました。重傷で入院してしまっても無料だそうです。学費も私立以外は無料ですから、教育/医療をもとめての不法移民がたえないわけで、それはそれで問題ではあるのですが、イタリヤ/ドイツのような有数の少子化社会では移民労働者にたよるところもあり、微妙です。

        差別撤廃デモ、とても立派なことです。こういうアクションがないと、日本人はみんな人種差別主義者と思われます、国の名誉を救った行動です。
        京都地裁で出た判決も立派。法律的にはかなりややこしく、人種差別を禁止する日本の固有の法律はないので、判決は国際条約を持ち出しています。しかも日本はこの条約の批准の際に、差別禁止の立法をすること、という条項については留保しているため、条約が直接に裁判所に差別禁止措置をとるように要請している、と解釈した上での判決です。立法、行政の怠慢を司法がカバーしてくれて、これで日本の名誉もなんとか保たれたという訳です。まだまだ捨てたものじゃない。
        • S氏
        • 2013/10/20 12:40 AM
        Sさま。ありがとうございます。さすがです。
        確か外国人にやさしい制度がどこかにあったと思っていたのですが、詳細にご説明いただきありがとうございます。光源氏さんがよんでくれますように。
        京都地裁の判決の陰にはそのような手続きがあったのですね。知りませんでした。
        • ななこ
        • 2013/10/23 1:12 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        **最近の記事**

        **最近のコメント**

        **最近のトラックバック**

        **リンク**

        **プロフィール**

        **サイト内を検索**

        others

        **QRコード**

        qrcode